2018年08月30日

OwnCloud で You took too long to login, please try again now と表示されてログインできないとき

20180830-owncloud-001.png
You took too long to login, please try again now

特にインストール直後の初回ログインで表示された場合は、httpd が /var/lib/php/session に書き込めないのが原因です。
httpd のユーザー名/グループ名を変更しているようなときに発生しやすいです。
下記のようにします。

sudo chown user.group /var/lib/php/session



posted by はるこち at 18:20| Comment(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

iPhone8 は、強制再起動の手順が(少し)変わりました

先日、iPhone8 の動きがおかしくなったのでAppleサポートに電話するという記事を書きましたが、実際に Apple サポートに電話して解決しましたので報告します。

結論から言うと

強制再起動の方法を間違っていた

ということでした。

これまで通り、スリープボタンを長押ししていたのですが、30秒たっても1分たっても何の反応もありませんでした。

iPhone8 では下記のようになります。

音量上を1回押して離す、音量下を1回押して離す、それからスリープボタンを長押し

これで無事に端末が再起動して、動作の不具合も解消しました。
Apple サポートの人によると、Siri がフリーズしていたかもしれません。とのことでした。

実は、自分でも iPhone8 の強制再起動について1回ググったんですが、そこで見つかったページには「音量下→音量上→スリープ長押し」と書かれていたような気がしたので、その手順でやって再起動できなかったのでした。もうちょっと他のページも見ておけばよかったです。
posted by はるこち at 19:00| Comment(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

iPhone8 の動きがおかしくなったが Apple サポートを受けるには IMEI 番号が必要だった

先週末にゲットしたiPhone8ですが、3日目にして動きがおかしくなりました。ホーム画面が動かず、アプリが起動しません。

ロック画面からパスコードの入力も問題なくできますし、通知も見れるのですが、ホーム画面に入ると何も反応しなくなります。

画面下からスワイプで表示させるコントロールセンターと、上からスワイプするロック画面は表示されます。

コントロールセンターの、回転ロック、Music再生、音量や画面の明るさの調節、WiFiやBluetoothのON/OFFなど問題なくできるのですが、電卓の起動は何もおきず、カメラの起動はメニュー選択が表示されるものの、そこから先に進みません。

ロック画面から右にスワイプして表示されるウィジェット画面はだいたい動作するのですが、そこからアプリを起動するような操作(Siriの提案、ニュースなど)は先に進みません。

Appleサポートに電話してサポートを受けようとしたのですが、IMEI番号がないと受け付けてもらえないようです。設定アプリから表示するのですが、設定アプリが起動しないのでどうにもなりません。自動応答の音声によると、iPhoneの裏面か、パッケージに印刷されているとのこと。iPhoneの裏面にそのような印刷はないので、パッケージを確認するしかありません。

今は手元にパッケージがないので、家に帰ってパッケージを確認して、それから改めて電話してみることにします。
posted by はるこち at 19:00| Comment(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

iPhoneのない生活を1ヶ月やってみた

先ほど、iPhone8 を予約しておいた au から電話があって、初回出荷分が割り当てられることになったので明日取りに来てください、と言われたので明日で iPhone のない生活とはオサラバです。

iPhone がない生活と書きましたが、厳密には iPhone がなくなったわけではなくて、単にバックライトが壊れて画面が見えなくなっただけです。偶然にも Lightning-HDMI アダプタも家にあるので、TVに接続すれば画面が見えるので全く使えないわけではありませんでした。

着信があれば着メロは鳴るしバイブもブーブーなるのでわかりますし、HDMI で TV に繋げばメールも読めるしブラウザも使えるのですが、何も映っていない画面をさすさすして操作するのは、TV画面を見ながらであっても、難しかったです。

最初は液晶の故障かと思ってショッピングセンターの中にある修理ショップに持っていったのですが、「バッテリー交換はどこでやりましたか?」「バックライトのICチップが破損してるので本体交換ですねー」と言われてしまいました。

バッテリー交換は、ヤフオクで3000円くらいで落札した交換キットを使って自分でやりました。説明書には「液晶画面を外さなくても交換できますが、液晶画面を外したほうが交換しやすいです」と書かれていたので液晶画面を外したのですが、液晶画面を戻すとき(コネクタを接続するとき)にICチップを傷つけてしまったようです。反省してみると、液晶画面を外さなくてもバッテリー交換できたはずなので、今後 iPhone6 のバッテリー交換をされる方は液晶画面を外さずにやってみることをおすすめします。

さて本体交換というやつは4万円くらいするので、どうせお金がかかるなら機種変更とも思ったのですが、新しい iPhone が発表されるまで2ヶ月弱というタイミングだったので、下手に機種交換すると新しい iPhone が2年先になってしまう…とアレコレ考えた結果、2ヶ月は画面が映らない iPhone とつきあって、その後新しい iPhone にしよう、ということにしました。この時点での最新情報は、後に iPhoneX となる機種が iPhone8 として噂されており、なんかすごいのが来そう…と期待してました。

画面が映らない iPhone との付き合い方ですが、自分はほとんど通話はしないといいつつも、週に1〜2回は電話がかかってくるので、毎日夕食後にTVに映して着信を確認し、必要があればその場で折り返すということをやっていました。

iPhone でないとできないものは、通話と、ショートメールでした。ショートメールの文字を打つのが、これまた大変で、真っ黒な画面を適当に押してみても思ったような文字が出ず、文字通りのブラインドタッチは困難を極めました。それで結局、音声入力で文章と入力して送信することにしました。音声入力は、まあまあの精度でしたが誤変換は毎回のように発生してしまい、直すにはキーボードを操作しなければならないので、むしろ変換せずひらがなのままにしてくれたほうが助かるのに、と思いました。

あと地味に辛いのが、ショートメールの送信ボタンと、バックスペースが隣同士だったことです。入力を間違えて修正している途中で送信してしまうことが何度もありました。

LINEは、PCのChromeアプリを使ったので、出先でやりとりができない問題はありましたが、それほど困りませんでした。facebook も PC で使えるので、これも問題ないです。

iPhone ではソシャゲを毎日遊んでいたので、ソシャゲロスが発生するかと思っていましたが、2〜3日で慣れました。貢献度がだいぶ下がっていると思いますが、久しぶりにログインしたらどうなってるかなー?この2ヶ月の間にアプリ自体も何度もアップデートしているようなので、ゲームシステムも変わっていそう…

もっと影響が大きかったものを忘れてました。

2ファクタ認証です。TV画面が使える環境にいればよいのですが、出先などでは iPhone の画面を見れないと認証を突破できないので不便でした。Google と Amazon については、2ヶ月間だからということで2ファクタ認証を解除しました。iCloud はログインする頻度が低いのでそのままにしました。au の2ファクタ認証は解除したかったのですが、解除方法がわからなかったのでそのままにしておきました。

あと不便だった点というと、何かあってもすぐに写真を撮れないという点があります。旅行に行ったときはデジカメを持ち歩いたのですが、ポケットに入らないし、なんだか使いにくいし容量も少なかったので、iPhoneのカメラがいかに楽か、ということを感じました。iPhone なら撮影後、加工もできるし、アップロードやシェアもすぐにできますので、カメラ自体の性能というよりはネットに接続できる機能の部分で大きな差を感じました。

そんな生活とも、明日でお別れです。液晶が映らない iPhone もバックアップはとりましたので、新しい iPhone がきたら、まずはリストアして、2ファクタ認証を設定し直すところから始めたいと思います。

この2ヶ月の間に何度も使った Lightning-HDMI アダプタはこちら。
posted by はるこち at 19:00| Comment(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

架線集電式プラレール



Youtubeで見つけました。これだけの架線を作るのはけっこう手間がかかるんじゃないかと思いますが、ちゃんと動いていますね。なにげにすごいと思います。
posted by はるこち at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

きょうだいについて思うこと

我が家には3人の子どもたちがいます。上から小学校4年生、2年生、保育園年中で、一番上が男の子、下の2人は女の子です。

歳が近いきょうだいがいる家ではどこでも見られる光景だと思いますが、きょうだい同士の争いが絶えずいつでも大騒ぎになっています。

とくに、同性だからでしょうか、女の子同士でのモノの取り合いはしょっちゅうで、シールやらぬいぐるみやら、何かあればすぐに取り合いが発生します。

モノの取り合いを観察していると、相手が持っているモノは何でも欲しくなるのに、手に入れてしまうと興味が薄れてしまうように見えます。昨日あれだけ騒いで手に入れたのに、今日になると床に無造作に転がっています。

対象となる「モノ」は何でも良くて、「取った」か「取られた」かが重要なのではないかと気がつきました。

「取った」「取られた」の関係は、「勝った」「負けた」の関係と言えると思います。モノが欲しいのではなくて、「勝ちたい」「負けたくない」という気持ちがあるのだと思います。

しかし、勝ち負けだけの世界にいると満たされないのではないかと思います。今日は勝っても明日は負けるかも知れない、勝ったとしても手元にあるものは本当に自分が欲しいモノではないかもしれない、でも負けたくない。

「勝ち」「負け」は相手がいて初めて成立するものであり、相対的なものだと言えます。人間の感覚は相対的なものには敏感であるというような記事をどこかで読んだことがあります。

「今日の気温は22度です」というより「今日は昨日より暖かいです」といったほうがわかりやすいし、子どもを見る目もついつい他人の子どもと比較してしまう、自分のことだって「自分はアイツに比べてダメな人間だ」と比較してしまう、などなど。

ところで、一番上の子は、取り合いに巻き込まれることもありますが、普段はマイペースで自分のやりたいことを遂げるタイプのようです。自分が欲しいモノは欲しいけれど、勝ち負けにはあまりこだわっていないようにも見えます。

相対的でないということは、絶対的な観点を持っているということになるでしょうか、自分なりのモノサシを持っていると周囲に振り回されずにやっていけるのだと思います。

勝ち負けにこだわらないでいるのは平和で楽しそうに見えますが、競争がないとあまり向上しないのではないかという心配もあったりします。

適度に競争しつつ、でも勝ち負けではない部分で自分の存在を確認できるような、そんなふうにやっていかれると良いな、と思います。
posted by はるこち at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

「お客様」がやかましい(ちくまプリマー新書)を読みました

これまで、何となくモヤモヤと思っていたことをスッキリと説明してもらった気分になりました。

okyakusama.jpg

体験1:飲食業界で働いたことがある友人と一緒にファミレスに行ったとき、その友人の店員に対する態度を見てギョッとしたことがある

まあ店員の側にも落ち度はあったのでクレームをつけるのは当然だとは思いますが、かなり高圧的でまくしたてたので、ちょっと、それはいくらなんでも…、と思ったんですが、当人は平気な顔をしていました。

たぶんその友人も、他のお客からクレームをまくしたてられたんじゃないかと思います。その体験が、お客になったときの態度に影響しているんじゃないかと思っていました。

体験2:工事現場の誘導員がこちらに対して深々と頭を下げるのを見て違和感を持った

誘導員が、うやうやしくお辞儀をするようになったのは、ここ数年のことなんじゃないかと思いますが、私としては、そんなお辞儀をするよりも、わかりやすく旗を振って欲しいと思うわけです。

本書でいうところの「不快を取り除く」が浸透し、誘導員が深々と頭を下げるのもマニュアル化されているのでしょうか。

お金の流れを考えると、本当に深々と頭を下げる必要があるのは、誘導員じゃない違う人なんじゃないかという気もします。

体験3:「普通の家族がいちばん怖い―徹底調査!破滅する日本の食卓」

kazoku.jpg

これは上記2つとは異なりますが、以前、この本を読んだのですが、わかったような、わからないような、微妙な気持ちになっていました。

「家族」に限定して見るのではなく、色々なものがサービスとして提供されている社会の中で見てみると、寒々とした家族の背景がちょっとだけわかったような気になりました。

そのようなわけで、両方を読んでみることをオススメします。




posted by はるこち at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

TODOを設定するときは気分もそえて

参考になるエントリを読みました。

「あとで確実にやる」ための必須の仕掛け – ライフハック心理学

会議の流れにうまく乗っているときは、「あ!これやっておかなくちゃ!」とか、「あれをやっておけば有利になりそうだ」などと色々なアイデアが浮かんで来るものです。

それで、手元のノートやメモにTODOとして「○○について調べておく」とか、「○○を○○にする」などと書いておくわけです。

ところが、会議が終わって別の用事を片付けたあとや、翌日になってメモを見返すとTODOの項目が取るに足らないくだらないもののように見えてしまったり、「あれれー?これ何だっけ?」とか「何のためにやるんだっけ?」と分からなくなってしまうことも良くあります。

会議やブレスト等で頭の回転が高まっているときは、気分のテンションもあがり、色々なことが面白そうに見えてきます。

解決策のひとつは、そういう状況で残された走り書きを見て、書いたときのテンションや気分を再現できるようにすることが、大切です。元記事の後半でも「モチベーションを再現する」として、紹介しています。

私は、そのモチベーションを再現するために、頭の中の考えをできるかぎりメモに書き残すようにしています。

そのときは「こんな名案忘れるはずがない」と思ったりするのですが、テンションが違う状況で思い出そうとすると、まったく思い出せなくなってしまいます。

最初に何をして、次に何をして、何と何が必要で、最終的に得られるものまで明らかにしておかないと、あとで取りかかることができないことが多いです。

会議はどんどん進んでしまうので、その間にTODOの項目を書き残すだけでも大変だという状況もありますが、自明のことであってもできるだけメモに残すことが大切だと思います。

頭の中の考えを、そのまま記録に残せれば、良いんですが…
posted by はるこち at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

「こんどこそ 片づける技術」

家の中がとにかく散らかっています。子供が3人もいるので仕方ないという面もありますが、なんとかしたい。

以前「捨てる!技術」という本を買って読みました。ふんふん、なるほど、そうだよねー、と思いながら読んだのですが、結局、モノを捨てる勇気が出なくて、結局モノに囲まれて生活しています。

この本はコミック形式なので読みやすいです。今度は片付けができるでしょうか。

posted by はるこち at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

Seesaaブログがリニューアル

ずっと使わせて頂いている Seesaa ブログがリニューアルしました。まだ詳しく見ていませんが、もっと活用していきたいと思います。

リニューアルキャンペーン
リニューアルキャンペーン開催中
Seesaaブログが新しくなりました。デザインはもちろん使い勝手もさらに便利に!
新規登録の方も既にお使いの方もプレゼントが当たるチャンス。

posted by はるこち at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

Pioneer DVR-RT50H

HDDレコーダーが出現してからなかなか買う機会がなく、ずっと横目で眺めていたのですが、昨年の年末に臨時収入があったのでHDD内蔵DVDレコーダーを購入しました。

Pioneer DVR-RT50H


レコーダーとしては安価な入門機種ですが、やはりレコーダーってこんなに便利だったんだ!と感心させられました。手元にビデオテープがなくてもとりあえず録画ができる、子供にビデオテープを取り出されてしまっても、ちゃんとHDDに録画できる、もっと早く入手しておきたかったと思いました。

他の機種を使ったことがないので大したレビューは書けませんが、基本的な機能は充実していると思います。まだHDDしか使ったことがなく、VHSはフタさえ開けていません(笑)

親戚に依頼されてminiDVのテープの内容をDVDにダビングしました。ビデオカメラのS端子を接続して、いったんHDDに保存してからDVDに書き込みました。オンザフライで直接書き込むこともできるようですが、2枚作りたかったのでHDDに保存しました。

ひとつ気になるのは、レスポンスが遅く感じるところです。電源を入れてから画面が映るまで数秒かかるように感じます。HDDの回転が安定するのを待っているのかもしれませんが、リモコンの操作が効かないのかと不安になったりします。

細かいところは高級機に及ばないかもしれませんが、まだレコーダーを買ってないという方には、お勧めできる機種だと思います。
posted by はるこち at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

2穴ファイル(バインダ)の再利用

オフィスや家庭でも、2穴ファイル(バインダ)は手軽に使える便利な文具ですよね。
少々面倒なところもありますが、パンチで穴を空けて綴じれば立派な資料になります。
でも、バインダの表紙や背表紙にサインペン等で題名を書いてしまうと、再利用する時に消すのが難しく、白い紙を張るのも格好悪いので結構困りますよね。最近はテプラで貼り付けることも多くなったので、以前ほどは困らなくなりましたが、綺麗に再利用できる方法を聞きましたのでご紹介します。

用意するものは、古くなったファイル、ホチキス、ホチキス外し(カッター等でも可)です。

1.これから再利用しようとしているファイルです
050413_1618~01.JPG

2.止め具を外します
050413_1618~02.JPG

3.プラスチック製のストッパーも外し、ホチキスを外します
050413_1618~03.JPG

4.1枚の厚紙になるので、谷折り山折りを逆に折り曲げて裏返します
3〜4箇所くらいをホチキスで止めます。
050413_1620~01.JPG

5.プラスチック製のストッパーを戻します
※実はこれが一番難しいです。「広いほうの外側から入って内側に抜ける」というかなんというか…
050413_1622~01.JPG

6.止め具を戻せばリフレッシュ完了です
050413_1622~02.JPG
posted by はるこち at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルに行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。