2017年09月13日

Delphi で開発したアプリを起動すると「サーバーから紹介が返ってきました」というエラーが表示される

自作アプリのインストーラーを作って起動してみたら見慣れないエラーが表示されました。
20170913-app-referral.png
「サーバーから紹介が返ってきました」という、ちょっと意味がわからないエラーです。

インストーラーということで管理者権限が必要になり、[プロジェクト]→[オプション]→[アプリケーション]→[マニフェストファイル] の「実行レベル」を「管理者権限が必要」にしたのですが、ついでに(?)「UIアクセス」にもチェックを入れてしまったのが原因でした。

20170913-app-option.png

MSDNを調べてみると
uiAccess 属性は、他のアプリケーションへの UI アクセスが必要なユーザー補助アプリケーションなどで使用する属性です。証明書の添付と所定のフォルダへの配置が必要となります。

とありますので、通常はこのチェックを入れないほうが良いみたいです。


posted by はるこち at 11:30| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

PHP Fatal error: Call-time pass-by-reference has been removed

サーバリプレースを行い、PHP5.1→PHP5.4 にバージョンが上がったのですが、下記のようなエラーが error_log に記録されるようになりました。

PHP Fatal error: Call-time pass-by-reference has been removed; If you would like to pass argument by reference, modify the declaration of setValue().


これは、参照渡しのときに引数に指定する & 記号は、呼び出し側ではなく呼び出される側につけなければならない、というものです。

PHP5.3 までは、呼び出し側で setValue(&$value); というような指定をしてもエラーにならなかったのですが、PHP5.4 からは、エラー扱いになりプログラムの実行がそこで止まってしまいます。

対応としては、呼び出し側と呼び出される側の参照渡しの書き方を見直して修正を行いました。
posted by はるこち at 11:06| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

Windows 10 の Hyper-V の拡張セッションと基本セッション

Windows 10 の Hyper-V からゲストOSに接続する方法は下記の2種類がある。

基本セッション
これまでの Hyper-V で使えていた方式で、KVM(Keyboard, Video, Monitor)を直接属するイメージ。
hyper-v-basic.png

拡張セッション
リモートデスクトップを経由する接続になり、デバイスやクリップボードが共有できるようになる。
hyper-v-ext.png

参考
仮想マシンの拡張セッションについて at SE の雑記
posted by はるこち at 09:55| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。