2007年07月25日

TeraTermで漢字コードを自動設定する

TeraTerm で Linux サーバを管理していますが、最近はシェルで UTF-8 を使うものが増えてきていて、文字化けを見てから漢字コードの設定を直すのは面倒だということで、ついにマクロを作ってみました。

最初は LogMeTT を使ってみました。メニューにホストを登録して、そのホストごとに設定を書いていくような感じなのですが、十数台のホストを登録するのがなかなか面倒です。

そこで、LogMeTT を使わずにマクロだけでやっちゃうことにしました。

inputbox を3回使って、ホスト名、ユーザー名、パスワードを入力すると、適切な漢字コードを設定してホストに接続するというものです。今後は UTF-8 のサーバが増えるはずですので、未登録のホストは UTF-8 で接続するようにしました。

試行錯誤の結果、マクロはこんな感じになりました。ホスト名は毎回手で入力する必要がありますので「自動」という気がしませんが、少しは楽になりました。
;ホスト名の入力
inputbox 'Enter hostname:' 'Hostname'
hostname = inputstr

strcompare hostname ''
if result = 0 then
end
endif

;ユーザー名の入力
inputbox 'Enter Username:' hostname
username = inputstr

strcompare username ''
if result = 0 then
end
endif

;パスワードの入力
passwordbox 'Enter Password:' hostname
password = inputstr

strcompare password ''
if result = 0 then
end
endif

;デフォルト
kr = 'UTF8'
kt = 'UTF8'

;EUCのサーバだけ記述する
strcompare hostname 'host1.xxx.yyy'
if result = 0 then
kr = 'EUC'
kt = 'EUC'
endif

strcompare hostname 'host2.xxx.yyy'
if result = 0 then
kr = 'EUC'
kt = 'EUC'
endif

strcompare hostname 'host3.xxx.yyy'
if result = 0 then
kr = 'EUC'
kt = 'EUC'
endif

;接続
cons = hostname
strconcat cons ':22 /ssh /auth=password /user='
strconcat cons username
strconcat cons ' /passwd='
strconcat cons password
strconcat cons ' /KR='
strconcat cons kr
strconcat cons ' /KT='
strconcat cons kt

connect cons


posted by はるこち at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。