2007年07月24日

VIM 7.0のうざい機能

新しいサーバに CentOS5.0 をインストールして vim を使ってみたんですが、カーソルを移動するだけで対応する括弧をジャンプ表示してしまい、煩わしくて仕方ない状態になってしまいました。

set noshowmatch とは関係ない機能のようで、色々探したのですがなかなか見つかりませんでした。

ようやく見つけたページによると、vim 7.0 からの拡張機能で MatchParen というプラグインによるものだということがわかりました。

解除するにはコロンコマンドから
:NoMatchParen

とするか、vimrc に
let loaded_matchparen = 1

とすれば解除されるそうです。

この機能で困っている人は、たくさんいそうな気がします。

IT業界細腕奮闘記 - VIM 7.0
http://d.hatena.ne.jp/ryos36/20070120/1169306043

Vim documentation: pi_paren
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~yakahaira/vimdoc/pi_paren.html


posted by はるこち at 18:23| Comment(2) | TrackBack(1) | サーバ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
助かりました、我慢して使っていたのでストレス解消です。
vimはデフォルトの設定がおしつけがましい!
片っ端から「set no〜」にしている人は多いハズ・・・
Posted by 私もVIな人 at 2007年11月27日 20:53
感謝 m(_ _)m 私も、set no〜派です。
Posted by VI一筋24年 at 2009年07月25日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

VI な人
Excerpt: 世の中にはまだまだ VI な人っているのね。 vim はバージョンアップを重ねるのはいいけど、変なことをしないで欲しいよね。 新しい機能は有効にしたときだけ有効にしてほしい。
Weblog: IT業界細腕奮闘記
Tracked: 2007-07-27 08:29

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。