2015年01月30日

Android開発:突然AVDが起動しなくなった

これまで Android アプリを開発してきたのですが、開発中のアプリをエミュレータで起動しようとしたところ、突然エラーメッセージが表示されるようになってしまいました。つい先ほどまでは正常に起動していたのに、どうしてしまったのでしょう。
android-error-01.png

エラーメッセージをもとにネットで調べてみると、Android SDK のパス設定が間違っているのではないか、という指摘がありましたので確認してみましたが、特に間違っているところはありませんでした。

まずは ./eclipse -clean を試してみましたが、効果はありませんでした。

あちこちの画面を見てみたら、Android SDK のプラットホームが空っぽになっていました。これも、Android SDK のパスが間違っている時の症状のようなんですが、何度確認してもパスは間違っていないので、わからなくなってきてしまいました。
android-avd-ng.png

ほぼ1日かけて、あちこち調べてみたところ、ホームディレクトリにある .android の中のキャッシュが壊れているかもしれない、ということがわかりました。

試しに ~/.android のファイルをリネームして eclipse を起動してみると。。。Android SDK のプラットホームの表示が戻ってきました。
android-avd-ok.png

ただ、エミュレータを試してみると、こんどは AVD(Android Virtual Device)の登録が空っぽになっていました。どうやら、~/.android の中に AVD の端末設定ファイルが入っているようです。

端末設定ファイルは ~/.android/avd の中にありましたが、それぞれのファイルが結構大きいことが分かりました。必要なメモリとかを確保した状態でイメージが作られるのかもしれません。古い .android ディレクトリから、使っていない古い AVD を除いてコピーして、どうにか環境が復活しました。


posted by はるこち at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。