2005年04月07日

春分の日、秋分の日の簡易計算法

 春分の日と秋分の日の計算には精密な観測と計算による予報に基づいた略算式があります。この式は1980年から2099年までの限られた期間にしか使えませんが、実用上は問題ないと思います。
 簡易計算式は以下のようになります。Year には西暦の年を入れます。INT() は、かっこ内の小数部切り捨てを意味します。
 
春分日(3月X日のXが答えとして得られる)
   X=INT(20.8431+0.242194*(Year-1980)-INT((Year-1980)/4))
秋分日(9月X日のXが答えとして得られる)
   X=INT(23.2488+0.242194*(Year-1980)-INT((Year-1980)/4))
 
以上、新こよみ便利帳(恒星社:\2,800)より。

春分の日、秋分の日については、前年の官報で公示されるまで厳密には決まらないことになっていますが、この式でとりあえず問題はないようです。


posted by はるこち at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。