2005年04月07日

16 ビット Windows サブシステムのアプリケーションエラーが発生する

こんなエラーメッセージが表示されたことはありませんか?

vdd.png

状況
setup.exe などの 16 ビットアプリケーションを起動すると、図のようなエラーメッセージが表示される。「無視」をクリックすれば処理は正常に終了する。
表示されているメッセージは下記の通り。
SYSTEM\CurrentControlSet\Control\VirtualDeviceDrivers. VDD. レジストリの仮想デバイスドライバの形式が無効です。アプリケーションを終了するには、[閉じる] を選んでください。

原因
レジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\VirtualDeviceDrivers の中にあるはずの VDD という値が消えてしまっているとこのようなエラーメッセージが表示される。

対応手順
VDD という値を作成すればエラーメッセージは表示されなくなる。内容は空のままで大丈夫。
regedt32.exe を用いて下記のキーに VDD という値を作成する。regedit.exe では REG_MULTI_SZ という型の値を作成することができないので、必ず regedt32.exe を使用する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\VirtualDeviceDrivers


  • [編集] メニューより [値の追加] を選択

  • [値の名前] は VDD、データ型は REG_MULTI_SZ を選択する。

  • 続いて表示される [データ] には何も入力せずに [OK] をクリックする。

  • regedt32.exe を終了する。


regedt.png

注意事項
ここに記載した内容は、私が使用している Windows 2000 のパソコンで発生した事象をもとに記述しています。
ここに記載した内容については責任を負うことができませんので、各自の判断により使用してください。


posted by はるこち at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。