2019年01月25日

評価版 Windows10 の期限を延長する

動作確認用に使っていた評価版の Windows10 の期限が切れてしまい、勝手にシャットダウンするようになってしまいました。2回までという制限付きですが、期限を延長することができます。

延長回数の確認


延長できるのは2回までとなっています。確認するには、管理者モードのコマンドプロンプトで slmgr -dlv と入力します。
新しいウインドウが表示され、下の方にリセット可能回数が表示されます。
残りの Windows 猶予期限リセット可能回数: 2
残りの SKU 猶予期限リセット可能回数: 2


延長を実施


管理者モードのコマンドプロンプトで slmgr -rearm と入力します。
新しいウインドウが表示され、再起動を促すメッセージが表示されます。
コマンドは正常に完了しました。
変更を有効にするにはコンピューターを再起動してください。


コンピューターを再起動


再起動すると有効期限が更新されるはずですが、画面右下の表示は相変わらず「Windows ライセンスの有効期限が切れています」になっています。
20190125-win10-003.png

デスクトップでも [F5] キーを押すと表示が更新されますので、[F5] キーを押してみます。
20190125-win10-004.png


更新されました。


posted by はるこち at 20:00| Comment(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

muninで「[FATAL ERROR] Lock already exists: /var/run/munin/munin-graph.lock. Dying.」

新しいサーバを可動させたので、munin-node をインストールし、既存の munin サーバに監視対象として追加しましたが、グラフが更新されるタイミングで下記のようなエラーメールが root 宛に届いてしまいました。
[FATAL ERROR] Lock already exists: /var/run/munin/munin-graph.lock. Dying.
at /usr/share/perl5/vendor_perl/Munin/Master/GraphOld.pm line 406.


これは、グラフ更新用に munin を起動したが、すでに他の munin が起動していたため起動を取りやめたという意味ですので、まず最初にチェックするポイントとして、監視対象が多すぎて監視間隔(通常は5分)以内に終わらない状況になっていないか確認します。サーバを1台ずつ追加していても、ふと全体を見返すと意外に多くなっていることもあります。

次の対策としては、設定ファイルに「fork no」を追加します。
# vi /etc/munin/munin.conf
fork no


munin を再起動します。
# systemctl restart munin-node
posted by はるこち at 20:00| Comment(0) | サーバ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。